« 住宅版エコポイント | トップページ | アメリカ原産シロアリの怖さ »

住宅の耐震補強と耐震シェルター

「耐震シェルターできますか?」との電話が、時々あります。
「工事はできますが、耐震診断で検討して択ばれたのですか?」と伺うと
そろって、耐震診断はしていないとの返事。
どうも、工事が早く簡単、工費が安い
というイメージで 耐震補強=耐震シェルター と考えられたようです。
核シェルターを連想させるネーミングも安心感ありますよね。
でも、耐震シェルターは他に選択肢の無い場合の最終手段
まずは建物全体の耐震改修の検討をおすすめします。

阪神淡路の震災以後、住宅の耐震化が図られてきましたが
  経済的
  物理的
  危機感の欠如(先日の津波警報で問題になった)
などの理由で、なかなか進んでいないようです。

そこで、一部屋だけでもつぶれない部屋をと考えられた耐震シェルター
助成のある自治体のほとんどが対象を生活困難な高齢者などに限定しています。
建物全体の耐震改修が困難な場合の代替、補完手段と考えているためです。

20数万円の耐震シェルターならともかく
通常の建物全体の耐震補強工事の方が簡単に安くできる場合が多いですよ。

ではまた

|

« 住宅版エコポイント | トップページ | アメリカ原産シロアリの怖さ »

住まい考 いろいろ編」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 住宅の耐震補強と耐震シェルター:

« 住宅版エコポイント | トップページ | アメリカ原産シロアリの怖さ »