« 住宅の耐震補強と耐震シェルター | トップページ | 通い始めました、空手道場 »

アメリカ原産シロアリの怖さ

アメリカカンザイシロアリという外来シロアリの被害が
徐々に広がっています。
輸入家具や輸入建材にまぎれて入ってきたようです。
東京江戸川区から始まり、現在20都府県で被害を確認

幸い、僕の活動範囲への侵攻はまだ無いようですが・・・
地域によってはまとまった被害が出ているようです。
駆除業者に聞くと、あれは「別物だ!」と言っていました。
建物の上下に関係なく、小屋裏に食害も多いようです。

在来のヤマトシロアリ、イエシロアリは土の中に巣をつくり蟻道を通って侵入します。
基本的に木材が乾燥していれば被害を受けない
ので駆除や予防は容易です。

アメリカカンザイシロアリの怖いところは
木から木へ直接飛び渡ること、乾燥した木を食べること
従来の土壌、土台の薬剤処理では防げず
完全な駆除、予防が難しいそうです。
被害がいったん広がればその地域一帯で一斉駆除しなければ根絶は難しく
住宅会社側からみれば発生地域では仕事するなといわれるほどです。
アメリカで行われている”くん蒸処理”は有効ですが
毒性が強く危険なので住宅地では使いづらい
現時点では、食害を確認できた木材に薬剤を注入しての駆除が一般的ですが
再発する確率は極めて高いようです。

このシロアリは木の穴の中で絶えずフンをしていて、表面に開いた穴からフンがこぼれ落ちます。
これを見逃さないことが発見のポイント
ゴミだと思って掃除機で吸い取る前によく確認してください。フンかも?

たまには床下や屋根裏も点検しましょう。
近隣で被害がでたと聞いたら要注意です。
信頼できる駆除業者があれば点検を依頼するのもいいでしょう。
  ↑  ここ大事です。

ではまた

|

« 住宅の耐震補強と耐震シェルター | トップページ | 通い始めました、空手道場 »

住まい考 いろいろ編」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ原産シロアリの怖さ:

« 住宅の耐震補強と耐震シェルター | トップページ | 通い始めました、空手道場 »