« 通い始めました、空手道場 | トップページ | 誕生日は手作りケーキで »

住宅エコポイント、断熱改修の注意点

住宅エコポイントがもらえるうちにと、住まいの断熱改修をお考えの皆さん
せっかく工事したのに、あまり効果の無い場合あります。
生活習慣を変えないと、室内環境が悪化する場合あります。
注意点を考えてみました。

本来、断熱改修は 外壁、屋根、天井、床、窓 すべての部位で行ってこそ
100%効果を発揮します。
でも予算などの都合で
外壁だけ、寝室だけ、になることが多いようです。
部位部分のみ改修する場合、未改修部の断熱欠損の十分な検討が必要で
欠損が大きすぎると改修の効果は期待できません。

また、効果的な断熱改修ができると気密性も高まり
既存の換気設備では換気量不足の場合が出てきます。
結露、室内空気の汚染などトラブルがないよう換気量の再計算を。
石油ストーブなど開放型暖房器の使用はやめたほうが安心。
多量の水分を発生し結露の原因に
また給気不足により最悪、不完全燃焼を起こします。
気をつけましょう。

ではまた

|

« 通い始めました、空手道場 | トップページ | 誕生日は手作りケーキで »

住まい考 いろいろ編」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 住宅エコポイント、断熱改修の注意点:

« 通い始めました、空手道場 | トップページ | 誕生日は手作りケーキで »